2006年07月14日

僕の相棒「シロ」

こんにちは。
しまです猫(笑)

僕は毎日、元気いっぱい猫(足)
前よりも、体が、ちょっと大きくなったから、ますます、やんちゃ坊主になって
家の中を走り回っているんだにゃ。
歯が抜け変わるまでの間、僕は、歯が、いつもムズムズして痒かったせいで、
いろんな物に、カプカプ、アギアギしてたんだにゃ〜猫(笑)

あまりにも、やんちゃなので、ある日、ママちゃんが、僕に相棒を連れて来てくれたんだ。にゃ〜猫(笑)

シロと一緒2

シロと一緒1


可愛い子犬。名前は「シロ」。
僕は、相棒が、とっても気に入って、夜はいつも一緒に寝てた。
シロを抱っこして寝ると、とっても落ち着いたんだにゃ〜猫(笑)

もちろん、遊ぶ時も一緒♪
僕の相棒は、僕が、噛み付いて振り回しても、蹴っ飛ばしても、
いつも笑っていて、文句を言わない。
ガマン強い、僕の相棒だった。
僕は毎日、シロと遊んだ。シロも楽しそうに僕に振り回された猫(足)

シロと一緒3

シロと一緒4


ある日、いつものようにシロと遊んでいると、
シロのお腹がパックリ開いたんだにゃ。
そして、シロのお腹から何か出てきたあせあせ(飛び散る汗)
シロが、くたり〜んとなって、痩せていった。
僕は心配になって、シロをペロペロ舐めた。

シロが元気がなくなったので、僕はシロを埋葬することにしたんだにゃ。
でも、穴を掘れる場所がない。
唯一、掘れる所は、おトイレだけだったんだにゃ。

僕は、一生懸命、トイレの砂を掘って、トイレにシロを埋葬した。
そして、僕は一安心して、お昼寝を始めた。


ママちゃん登場 
「ああ〜、トイレの中に、ボロボロになったシロが埋ってる〜(-_-;)
再生は不可能だから、しまちゃんにはナイショで処分するしかないわ・・・顔(え〜ん)

(私が、トイレを掃除しようと思ったら、トイレの中にシロが埋もれていたんです。唖然としました・・・;^_^A)


僕は、目を覚まして、トイレに行った。
すると、シロの姿が、ない。
シロは無事に天国に昇っていったんだ、と、僕は安心した。(^エ^=) にゃー。

ママちゃん、また、新しい相棒を連れて来てくれるといいな〜猫(足)



クリックしてくれると僕、とっても嬉しいニャ〜(^エ^=)
             
人気ブログランキングのバナー   にほんブログ村 猫ブログへ

ニックネーム しまちゃん♪ at 00:46| Comment(14) | TrackBack(0) | しまちゃんの気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

寝る子は育つ(^エ^=)

こんにちは。
しまです猫(笑)

パパちゃんとママちゃんのおかげで僕はすっかり元気になって、
お家の中でも自由に飛び跳ねて遊ぶようになった。
時には勢いがありすぎて、タンスの裏に入ったりして出られなくなって
行方不明になって、パパちゃんとママちゃんに心配をかけたりしたんだニャ;^_^A
だから時には首輪にヒモをつけてもらったりして、
あまりイタズラができないようになったこともあったニャ〜。

それでも僕の一日は、ご飯を食べて、寝て、遊んで、寝て、食べて、寝て、
なにかと言えば寝ていたんだ。

ある日、三人で公園に行った時、パパちゃんがビニールシートを広げて寝はじめた。
僕はパパちゃんの胸の上に乗っかって、一緒にお昼寝猫(笑)

パパちゃんの胸の上は、とっても暖かくて、パパちゃんの匂いがして
気持ちがいいんだニャ〜黒ハート

でも僕は、この時は、まだ赤ちゃんだったから寝相が悪かった。
だけど、ズリズリ落っこっても、パパちゃんと離れたくなくて、
変な格好になっても、しっかりとしがみついて、寝ていたんだニャ猫(笑)

公園で寝てるしま1
こんな格好でも、まだ寝てるんだニャ。

公園で寝てるしま2
パパちゃんの首の上から落ちそうなんだニャ〜(#^.^#)
お口も開いてて、今、見ると、何だか恥ずかしい格好だニャ〜(∩_∩)ゞ

この日も家に帰ったら、手足を綺麗に洗ってもらった猫(足)
そして、パパちゃんのランニングシャツの中に入れてもらったんだけど、
この場所が、とっても気持ち良くて、僕は安心して、ウトウト眠たくなってきた・・・。

ランニングシャツの中1
あったかいニャ〜♪

ランニングシャツの中2


僕が子供だった頃、好きな場所がいっぱいあって、
お膝の上なんか、一番、お気に入りのベッドだったニャ。
僕はお膝の上で寝ると、何をされても起きなかったらしくて、
寝ているスキに、パパちゃんが、歯が抜けかわっていないか、
歯のチェックをしてくれてたんだって。

歯チェック1
気持ちいいニャ〜♪

歯チェック2
寝てる間に、こんなことされてたなんて〜 それでも気付かずに寝てた僕。ニャ〜(^◇^;)

「寝る子は育つ」という言葉通り、
僕は、いっぱい食べて、遊んで、寝て、スクスクと育っていったんだニャ〜猫(笑)



ぽちぽちしてくれると僕、とっても嬉しいニャ〜(^エ^=)

にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングのバナー

ニックネーム しまちゃん♪ at 00:15| Comment(12) | TrackBack(0) | しまちゃんの気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

僕達のアイ(愛)コンタクト 〜見つめ合う心〜

こんにちは。
しまちゃんです(^エ^=)
「しまちゃんの にゃごにゃご日記」も、今日で第5話になったニャ〜。
その間に、たくさんの人が僕のブログを見てくれた。
そして僕にもお友達ができたんだニャ〜♪

中でも、なっちゃんや、美々ちゃんという可愛い女の子と知り合えたのは、
とっても嬉しかったニャ〜揺れるハート
これからも、たくさんお友達ができるといいニャ〜。

今日も、僕の小さい頃の思い出を書くニャア。
前にも書いたように、僕は風邪をひいて弱っている時に、パパちゃんに拾われて助けてもらったんだけど、
その時、助けを求めて長い間ずっと鳴いていたから、声が枯れてしまって、
風邪が治ってからも、しばらくの間、「にゃ〜。」ってうまく鳴けなかったんだ。
「ギィヤァ・・・」「ギィヤァ・・・」・・・って、か細い声で、たまに鳴くだけだった。
おしゃべりしたくても出来なかったんだニャ(;_q))クスン

だから、お腹がすいた時、おトイレに行きたい時、遊びたい時、寂しくて抱っこしてほしい時、
僕は一生懸命、心に思いながら、パパちゃんとママちゃんを見つめたんだ。
じっと、じっと見つめたんだ・・・。

アコンタクト1 アイコンタクト2

そうすると、不思議だけど、パパちゃんとママちゃんに何故か僕の心は伝わって、
「あ、ご飯ね。」「あ、寂しいのね。」というように、ちゃんと僕の気持ちが届いたんだニャ猫(笑)
嬉しかったニャ。すごく嬉しかった。
だから、ちゃんと「にゃ〜。」って鳴けるようになって随分たった今でも、僕はママちゃんとパパちゃんのことを、じっと、じっと、見つめるんだ。

「目は口ほどに物を言う」という言葉があるけれど、
これが本当の「アイ(愛)コンタクト」なんだと僕は思ったんだニャ。
相手を知りたい、感心がある、心配だ、思いやりを持つ。
そういう気持ちが大切なんだろうね、きっと(*^_^*)

人間とネコの信頼関係が、絆を結ぶんだと思うんだニャ〜。

パパちゃんとママちゃんは、いつも僕のことを大好きだって言ってくれるし、
それを言葉に出さなくても、僕はいつも愛されてると感じてるんだ。
いろんな事の積み重ねで、パパちゃんとママちゃんを信じることができるようになったし、
何かあった時には助けてもらえる、僕は幸せになれるんだって心から思えるようになったんだニャ。

信じられる人がいるって、本当に幸せなことだと思うニャ〜。
これからも僕のこと、見ててニャ〜黒ハート

アイコンタクト3 笑顔
僕は、小さい頃、パパちゃんの首の上で寝るのが大好きだったんだニャ〜猫(笑)


クリックしてくれると僕、とっても嬉しいニャ〜(^エ^=)

にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングのバナー

ニックネーム しまちゃん♪ at 02:14| Comment(10) | TrackBack(0) | しまちゃんの気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする